5000円以下で買いやすい!実用的なBluetoothイヤホン5選!

お得情報

街中でもBluetoothイヤホンを使用している人を多く見かけるようになり、いまだにBluetoothイヤホンを使っていない僕は、少しだけ時代に乗り遅れた気がして少し寂しく感じています。

前回の記事【Bluetoothイヤホンの入門編。1,000円以下の格安Bluetoothイヤホン5選ご紹介!】では、とにかく安さを求めた格安のBluetoothイヤホンをご紹介しました。今回は中級編ということで、5,000円以下の実用的なBluetoothイヤホンのご紹介です。

1,000円以下の格安Bluetoothイヤホンに比べて、バッテリーなどの性能面でも、音質面でもかなりよくなっていると思います。1,000円以下の格安Bluetoothイヤホンで失敗してしまった人や、ちょっと物足りなくなった人は試してみてはいかがでしょうか。

AIKAQI Bluetooth 完全ワイヤレス

完全独立型のBluetoothイヤホンで、高音質のAACコーデックに対応。この価格帯の中ではかなりの高音質で、音の距離がわかる臨場感ある音質になっています。また、CVCノイズキャンセリング機能搭載されているので、雑踏での通話もスムーズに行うことができます。左右独立型ですが、スマホへのペアリングは片方だけでOK。他の独立型イヤホンの場合はメインが決まっていますが、このイヤホンの場合は自分で好きなほうをメインに設定できるので、左右どちらでも片方だけで使用することができます。

Bluetooth4.1 ワイヤレスイヤホン Outtek AVT990 マイク付きネックバンド式ブルートゥーススポーツイヤホン 防汗防滴ヘッドセット

文句なしの星5評価をもらっている数少ない商品のひとつ。価格も3,000円代ととてもリーズナブルなのはもちろんのこと、未使用時にイヤホンコードを本体に収納することができるので、首にかけたままでも邪魔にならないのが特徴。もちろんマイク内臓なので、ハンズフリー通話にも対応しています。また、着信時に首にかけた本体部分が振動して着信をお知らせしてくれるので、着信を逃さずにキャッチすることができます。

OKCSC U6 Bluetoothイヤホン ワイヤレス ヘッドフォン カナル型イヤホン ヘッドセット

安心のIPX6の防水性能を持ったスポーツ用Bluetoothイヤホン。スポーツ用ということもあり、ケーブルに付属したリモコンをなるべく小さくしています。もちろんリモコン部分のしっかりと防水されているので、汗でぬれたり多少の雨でも安心して使用することができます。シェア掛けと呼ばれる耳の後ろからコードを回して装着するので、ランニングなどの動きのある場面でもしっかりと耳にフィットして運動の邪魔になりません。

ZENBRE E3 Bluetooth ワイヤレスイヤホン PCスマートフォン、iPhone7対応Bluetooth4.1スポーツ用(レッド)

リモコンを本体部分(イヤホン部分)に収納することで、運動中でもコードの重さが気にならない仕様になっています。また、Bluetooth4.1規格を採用し、2台同時に待受け接続することができます。ジムなどで室内運動をする場合など、音楽プレイヤーとiPhoneを同時接続しておくことで、大切な着信も逃さずにキャッチすることができます。

OKCSC bluetooth イヤホン ワイヤレス スポーツ ランニング ヘッドフォン IPX7防水 軽量小型 片耳イヤホン Bluetooth 4.1 U0

IPX7防水のWaterproofイヤホン。耳の中にすっぽりと入るコンパクトな本体で、しっかりした防水機能がついているのでとっても安心して使用することができます。耳栓型イヤホンの弱点であるバッテリー容量も、付属のケースがモバイルバッテリーとして機能するので、ある程度解決できます。両耳をふさいだ状態で使用できない場面ではこういった片耳タイプのイヤホンがとても重宝されますね。

まとめ

5,000円以下の価格になると、それなりの性能と音質を持ちながらも、ある程度デザインも選ぶことができるので、少しはこだわりたいって人にもお勧めできる価格帯ですね。僕個人的には最初に紹介したサウンドピーツの完全独立型イヤホンがとっても気になります。

ただ、やっぱり気になるのはバッテリーの駆動時間ですね。僕は仕事中や移動中など耳栓代わりにも常に音楽を流しているので、もしBluetoothイヤホンに買い換えるとしたら2.3個をローテーションしないと電池がもたないかもしれません。

そういった意味では、バッテリー容量別にBluetoothイヤホンをピックアップして見ようと思いました。