最高の音質を求めて!10,000円以上のBluetoothイヤホン5選のご紹介

アクセサリー

皆さんはBluetoothイヤホンに最高で何円出すことができますか?

普段からどれくらいイヤホンを使用するのか、どれくらい音質にこだわりがあるのかによって値段は大きく変わると思います。

購入者のさまざまな要求にあわせて、今では幅広い価格帯のBluetoothイヤホンが販売されるようになりましたね。前回までは10,000円以下のBluetoothイヤホンをご紹介してきて、いわば一般的に称されるBluetoothイヤホンですね。

本日ご紹介するのは、10,000円以上の普段はなかなか手を出すことができない少しだけ特別なBluetoothイヤホンのご紹介です。年に一度のご褒美や、大切な人へのプレゼントにもいいかも知れません。

ERATO Apollo7 AEAP07SG00

知る人ぞ知るERATOの耳栓型イヤホン。Bluetoothイヤホンならとにかく軽量で高音質を求めたい。ERATOの耳栓型イヤホンは、軽量なのはもちろんのこと、付属のケースで6時間分の充電を可能にし、合計で9時間もの稼動を可能にしています。耳栓型イヤホンの弱点の稼動時間を見事に克服しています。汗を気にせず運動をすることができる「防水機能」もきちんと備え、さらには音量調節やスキップ機能などのリモコン操作も、本体から行うことができます。小さなボディーに満足の機能を詰め込んだ最高のBluetoothイヤホンです。

※格安類似商品などで詐欺被害が多発しているようです。出品者情報などを確認してから購入するようにしましょう。

日本プラントロニクス BT ワイヤレスヘッドセット BackBeat Fit

スポーツ用のBluetootイヤホンとして人気のBackBeat Fit。ランニング中に周囲の音が聞こえるように設計されているので、街中をジョギングするときはもちろんのこと、周囲の音を聞きながら音楽を楽しむシーンで活躍します。また、スポーツ用に開発されているので、しっかりと頭部にフィットするつくりになっていて、激しい運動でもずれずに快適に装着することができるのも売りのひとつです。

※サイクリングや運転などには使用しないようにしましょう。

Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン R6 Bluetooth Neckband Black KLNBR60111

Bluetoothイヤホンでもおしゃれを追求したモデル。ウェアラブルタイプのBluetoothイヤホンで、首もとの部分には革を使用しているので、大人のシックなおしゃれを楽しむことができます。ウェアラブルタイプのイヤホンの多くは、おしゃれといってもポップなカラーリングや、どうしてもプラスチック製の品質が目立つ商品が多いので、もっと大人な高級感のあるおしゃれを楽しみたい人にはお勧めの商品です。

また、スタイリッシュな見た目からは想像できないほどのバッテリー容量があり、電源持続使用時間が18時間。ウェアラブルタイプではやっぱりバッテリー容量は気にしたいポイントですね。

Bose SoundSport Pulse wireless headphones SSport PLS WLSS RED【国内正規品】

イヤホンに音質を求めて、BOSEのイヤホンにたどり着く人は数知れず。皆さんも家電量販店などでBOSEのイヤホンを一度は視聴したことがあるのではないでしょうか?BOSE製品は低音域の音のよさと、スピーカー部分の耐久性がとても優れているといわれています。僕個人としてもBOSEの低音域はとても大好きで、いつか手にしたいイヤホンのひとつです。

今回ご紹介しているBluetoothイヤホンは、BOSEの音質にスポーツをプラスしたひとつ上のイヤホンです。ランニングなどの体を動かすことにおいて、自分の心拍数を把握しておくことはとても大切で、このイヤホンではリアルタイムに心拍数を測定する機能を持っています。もちろんBluetooth通信を行っているので、随時iPhoneで自分の心拍数を確認しながら運動することができるので、ダイエットにもお勧めの商品です。

【国内正規品】LG TONE PLATINUM™ ワイヤレスステレオヘッドセット(日本語対応) HBS-1100

ハイレゾ音源にも対応したウェアラブルタイプのイヤホン。iPhoneのデフォルトミュージックアプリでは、現状(2017年5月28日現在)ではハイレゾ音源を再生することはできませんが、ハイレゾ音源に対応したアプリを使用することでさらに高温質な音楽お楽しむことができるようになります。

また、ウェアラブルタイプの特徴でもある大きなボディを活用し、それぞれの操作に対応したボタンを作成していることにより、ひとつのボタンですべての操作をする商品よりも、簡単に操作を行うことができます。未使用時にはしっかりとイヤホンを巻き取ってくれるので、見た目もとてもスタイリッシュになります。

まとめ

10,000円以上のイヤホンはあまり簡単に購入できる価格ではありませんが、その分このように高級感のあるデザインであったり、機能や音質を最高の状態に仕上げている商品が多くあります。僕も今回調査しながら、どの商品もとても魅力的なので、いっそのこと全部買ってみたいと・・・。

特にBOSEの心拍数を測ることもできて、さらに高音質で音楽を楽しめるとなると、20,000円以下で実現できるのはとても魅力的に感じました。実はもっともっと高級なBluetoothイヤホンも多くあるようなので、まだまだ楽しみは続きますね。