スイッチコントロール

スポンサーリンク
基本機能

「スイッチコントロール」各種アクションのご紹介!

スイッチコントロールでのアクションとは、スイッチに割り当てる行動の事を指します。外部スイッチをのぞいたスイッチは、「画面」と「カメラ」を使った計3種ですが、それに割り当てることが出来るアクションの数は13個あります。実際にスイッチの追加をするときに、どのアクションを割り当てておけばよいのか分かりませんね。
基本機能

「スイッチコントロール」ハイライトメニューの項目について

ハイライトメニューの項目は、大きく分けて「最上位レベル」「ジェスチャ」「デバイス」「設定」の4項目に分かれています。全部合わせて41の項目が用意されていて、自分が使うものだけを表示させるようにカスタマイズすることが出来ます。
基本機能

「スイッチコントロール」ハイライトメニューの使い方!

ハイライトメニューとは、iphoneで「スイッチコントロール」を起動している時に使用できる機能です。スイッチコントロールを使用しているときには、操作方法などが分からなくなってしまうこともあります。そんなときにハイライトメニューを表示させることで、アクションがとても楽になります。
設定方法

「スイッチコントロール」の設定方法④(効果音~保存済みのジェスチャ)

過去の記事でスイッチコントロールの設定方法③までご紹介してきました!今回の設定方法④で最後の記事になります! 設定方法④では、効果音などの補助機能の設定方法のご紹介となります。他の設定に関しましては、過去記事の①~④をチェックしてみてください!
設定方法

「スイッチコントロール」の設定方法③(タップの動作~グライドカーソルの速度)

スイッチコントロールを正しく快適に使うためには、たくさんの設定項目を自分なりに調整する必要があります。今回の設定方法では、主にタップ(スイッチの実行)に関する設定項目の説明です。自分の操作環境にあった設定にすることで、スイッチコントロールをより快適に使いこなしましょう!
設定方法

「スイッチコントロール」の設定方法②(ハイライトのスタイル~長押し)

スイッチコントロールの設定には、細かな設定も含めてたくさんの設定項目が用意されています。前回の記事(設定方法①)では、スイッチとレシピについてご紹介しました!前回の記事をまだ読んでないという方はしたのリンクからチェックしてみてください!
設定方法

「スイッチコントロール」の設定方法①(スイッチとレシピ)

この「スイッチコンとロール」を有効に使うことで、日常の生活の中で手を話せないときでもiphoneを簡単に操作することが出来ます。 日常生活で快適に「スイッチコントロール」を使用するためには、使い方を覚える以外にも、きちんと自分の使用環境に合った設定をしておくことが大切です。
基本機能

手を使わずにiphoneを操作!「スイッチコントロール」の使い方!

スイッチコントロールとは、iphoneのデフォルト機能の「アクセシビリティ」の一つです。体の不自由な方(手が思うように使えない等)のためのサポート機能で、iphoneの画面に触れることなく、iphoneを操作することが出来るようになる機能です。
基本機能

サポート機能をもっと便利に!トリプルクリックの使い方!

実際にトリプルクリックをしてみると、「アクセシビリティのショートカット」が出てきます。このアクセシビリティとは、iPhoneの操作をサポートしてくれる機能のことで、普段とは違ったiPhoneの使い方をすることができます。
スポンサーリンク