Apple IDの入れ替え方法!iPhoneを譲渡する際の必須項目!

設定方法

AppleIDの入れ替えとは?

基本的にはひとりひとつのAppleIDを取得してあれば問題はありませんが、1台のiPhoneを複数人で共有したり、iPhoneを譲渡したりする場合にAppleIDの入れ替えが必要になります。このAppleIDの入れ替えは、AppStoreでの入れ替え作業以外にも、たくさんの工程があります。

AppleIDはiTunesやそのほかのAppleが運営している色々なサービスに使用されているので、すべてのサービスで入れ替える必要があります。一番簡単な方法としてはiPhoneを初期化してAppleIDも登録しなおすことが一番ではありますが、データを残したままAppleIDを変更する場合など、どうしてもiPhoneを初期化できない場合もありますね。

また、AppleIDに登録している情報を変更する場合(メールアドレス等)にも、すべてのAppleが提供するサービスでサインインをしなおさなくてはならないので、そのような場合にもこの記事を参考にしてみてください!

今回はiPhoneを初期化しないでAppleIDを安全に入れ替える方法をご紹介します。

手っ取り早くiPhoneを初期化する場合には【リカバリーモードでiPhoneを初期化!】をチェックしてください!

リカバリーモードでiPhoneを初期化!リンゴループから脱出しよう!
iPhoneのリカバリーモードとは? iPhoneを使用していると、不具合などでiPhoneが起動しなくなったり、一切の操作ができなくなることがあります。この...

すべてのAppleのサービスからサインアウト!

Appleが提供しているサービスの中で、AppleIDを使用しているものは以下のサービスです。

    AppleIDを使う主要サービス

  1. FaceTime
  2. FindiPhone(iPhoneを探す)
  3. GameCenter
  4. iCloud
  5. iTunesStore&iBooksStore
  6. メッセージ

厳密には、オンラインサービスなどのほかのサービスもありますが、通常iPhoneだけでAppleIDを使用しているのは上記の6つのアプリです。Appleが提供しているほかのオンラインサービスを利用している場合には、それぞれサインアウトを行ってください。

AppleIDの入れ替え以外で、AppleIDの情報を変更する場合には、このサービスの中でも特にiCloudでの設定が重要になります。AppleIDの情報を変えた場合には、元の情報で保存していたiCloud内のバックアップを削除できなくなる可能性があるので、AppleIDの情報の修正の前に必ずiCloud上のバックアップを削除しておくようにしましょう!

すべてのサービスにサインイン!

AppleIDを使用するすべてのサービスからサインアウトができたら、次に行うのは新しいAppleIDでのサインインですね。サインアウトしたサービスにサインインするだけなので、手順は面倒ですが比較的簡単に作業を行うことができます。

前項のサインアウトの方法と併せて、各種サービスのサインイン・アウトの方法をご紹介します。

FaceTime

サインアウトの方法

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
5段落目の6番目にある「FaceTime」をタップします。
IMG_0033
「AppleID」をタップし、「サインアウト」をタップします。
IMG_0034IMG_0035

サインインの方法

「FaceTimeにAppleIDを使用」をタップします。
IMG_0036
サインインするAppleIDとパスワードを入力して「サインイン」をタップします。
IMG_0037

FindiPhone(iPhoneを探す)

サインアウトの方法

「FindiPhone」アプリを起動します。
IMG_0038
右上の「サインアウト」をタップして「サインアウト」します。
IMG_0039IMG_0040

サインインの方法

サインインするAppleIDとパスワードの入力をして「サインイン」をタップします。
IMG_0042
※FindiPhoneは、iCloudの機能を利用しているため、iCloudでのAppleIDの使用が有効になっていないとサインインすることができません。先にiCloudでサインインしておく必要があります。

GameCenter

サインアウトの方法

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
6段落目の一番下にある「GameCenter」をタップします。
IMG_0043
「AppleID」をタップし「サインアウト」します。
IMG_0044

サインインの方法

「サインイン」をタップし、AppleIDとパスワードを入力してサインインします。
IMG_0046
利用規約に同意します。
IMG_0047IMG_0048
ニックネームなどのGameCenterを利用する上で必要な情報を入力します。
IMG_0049

iCloud

サインアウトの方法

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
4段落目の「iCloud」をタップします。
IMG_0051
一番下の「サインアウト」をタップします。
IMG_0053
iCloudを利用して保存していたデータについての各項目についてのアクションを選択します。
IMG_0054IMG_0056
iPhoneを探すをオフにするためにはAppleIDのパスワードを入力する必要があります。
IMG_0057

サインインの方法

サインインするAppleIDとパスワードを入力して「サインイン」します。
IMG_0059
サインインすることで必要になる各項目の設定をします。
IMG_0060IMG_0061

iTunes Store & iBooks Store

サインアウトの方法

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
4段落目の「iTunes & App Store」をタップします。
IMG_0062
「AppleID」をタップして「サインアウト」します。
IMG_0063IMG_0064

サインインの方法

「サインイン」をタップします。
IMG_0065
AppleIDとパスワードの入力をして「サインイン」します。
IMG_0066

まとめ

AppleIDは、基本的にはひとりひとつのIDだけを持つようにしましょう!AppleIDの入れ替え作業は工程も多く、IDの切替がうまくいかないことによって様々なサービスで不具合がおきてしまうことがあります。このAppleIDの入れ替え作業はなるべく行わないようにして、できる限りAppleIDを入れ替えるときにはiPhoneを初期化してから新しいAppleIDを入力するようにしましょう!

13歳未満の子供にiPhoneを持たせる場合には、AppleIDを作成するiPhoneと使用するiPhoneが異なるため、このような作業が必要になるので、ファミリー共有を使って13歳未満の子供にiPhoneを使用させるときには、今回の手順を行ってみてください!また、13歳未満の子供のAppleIDの作成方法については【13歳未満の子供用アカウントの作成方法!】をチェックしてください!

13歳未満の子供用Apple IDアカウントの作成方法!
子供に持たせるiPhoneは課金の管理が必要! iPhoneでアプリのインストールをするためには、AppleIDが必要です。このAppleIDは13歳未満の子...