位置情報を残さずに写真を撮影する方法!重要な個人情報を保護しよう!

有効活用

写真に含まれる位置情報とは?

iPhoneを含むスマホには、写真を撮影すると、写真の管理を簡単に便利にするために位置情報などの情報を、写真のデータの中に残すようになっています。この位置情報を残したままSNS等のインターネットサービスに画像を投稿するのは大変危険です。SNSへの画像投稿の危険性については、過去の記事「【トピック】SNSに画像投稿をするのは危険!!」でもご紹介しています。

SNSへの画像投稿は個人情報流出の危険がある!?位置情報に注意!
SNSとは? 最近ではFaebookやTwitterなどといった、手軽に情報を発信することの出来るインターネットサービスが普及しています。このようなサービスの...

この位置情報については、設定を変えることで写真のデータの中に残さないようにすることが出来ます。位置情報を残さずに写真を撮影すると、写真の管理という面では少し面倒な部分もありますが、SNSに画像を投稿するにはとても大切な設定なので、画像投稿を多くする人は、この設定をしておくようにしましょう。

また、位置情報を残してしまった写真から、位置情報を削除してSNSに投稿する方法もあります。SNSに投稿する画像の位置情報だけを消したい人は、iPhoneで撮った写真から位置情報を消す方法!をチェックしてみてください。

iPhoneで撮った写真から位置情報を消す方法!
写真に含まれる位置情報とは? iPhoneをはじめとするスマホには、位置情報サービスがデフォルトで用意されいて、撮った写真などにその位置情報が残るようになって...

位置情報を残さないための設定方法

iPhoneで写真に位置情報を残さないように設定するためには、「カメラ」の設定ではなく、「位置情報サービス」の設定をする必要があります。

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
3段落目の1番下にある「プライバシー」をタップします。
IMG_4118
1番上にある「位置情報サービス」をタップします。
IMG_4119
位置情報を使用することが出来るアプリの一覧が表示されるので、「カメラ」をタップします。
IMG_4120
「許可しない」をタップします。
IMG_4121

これで「カメラ」を使用して撮影した写真には、位置情報のデータが残らないようになります。

サードパーティ製のカメラアプリには注意!!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
最近では、デフォルトの「カメラ」アプリ以外の写真撮影アプリが多く出ています。今回の設定ではデフォルトで用意されている「カメラ」アプリで撮影した写真に対する位置情報サービスの設定をしました。他のアプリを使って写真を撮影した場合には、その写真に位置情報などが残っている可能性がありますので注意してください。

また、他のアプリを使用して写真を撮影する場合には、位置情報サービスのアプリ一覧から、使用するアプリを探して位置情報サービスを「OFF」にして使用するようにしましょう。デフォルトの「カメラ」アプリに対する位置情報の設定は今回ご紹介した内容で設定できますが、使用するアプリによっては別の設定が必要な場合もあります。悪質なアプリなどでは位置情報サービスの設定を出来なかったり、そのアプリから直接位置情報を抜き取っている場合もあります。

使用するアプリには細心の注意を払うようにしましょう!

iPhoneで撮影した写真に含まれる位置情報のまとめ

位置情報サービスは、自分が使用している範囲で、正しく使用すればとても便利な機能です。しかし、少しでも間違った使い方をすると、とても危険なこともあります。特に中高生などが使用するときには、位置情報サービスを利用できないように設定しておくのもひとつの方法かもしれません。

使う人や環境によって、設定の内容は変わりますが、位置情報サービスについては、各アプリごとに設定をすることが出来るので、少しでも危険性があると判断したものについては、基本的に位置情報サービスは使用しない方がいいのかもしれません。もちろん、正しく利用することで、安全にサービスを利用することが出来ますので、まずは知識が大切ですね。