通信制限対策に自宅でも外出中でもwifiを使おう!通信量(ギガ)を減らさない工夫が大事!

基本機能
4/23(月)18:00~4/25(水)23:59までAmazonタイムセール祭り開催!

レビュー4.0以上の人気商品が大幅割引!最大7.5%ポイント還元を受けるにはAmazonタイムセール祭り特設ページにアクセスする必要があります!

割引額の確認方法は【Amazon価格推移確認ツールの解説ページ】をご覧ください

Pocket

Wi-Fi通信とは?

IMG_3629_03
iPhoneをはじめとするスマートフォンの通信方法には、大きく2種類あります。(Bluetoothを除く)その1種類がWi-Fi通信と呼ばれるもので、主にPCをインターネットに接続するときに使用されているLANに、無線接続する通信のことをWi-Fi通信と呼んでいます。

このWi-Fi通信を使うことで、各携帯会社で規制のかかる通信量を節約することができます。携帯会社での通信制限は、4G/LTE通信における通信量によって制限をかけるものなので、Wi-Fiを使って通信をした場合の通信量は制限の範囲に含まれません。

最近では、ほとんどの施設やコンビニ等にもWi-Fiが設置されているので、なるべくならWi-Fiを利用して通信量を節約したいですね。

※Wi-Fi接続には多少なりともリスクが存在します。接続先が信頼できない場合はむやみに接続するのはやめましょう。また、パスつきのWi-Fiを無断で使用することも禁止されているので、フリーで使用することができるWi-Fiだけを使うようにしましょう。

Wi-Fi設定はコントロールセンターからも行うことができます。コントロールセンターからの設定については下の記事をチェックしてみてください。

「コントロールセンター」で出来る事
コントロールセンターとは? コントロールセンターとは、iPhoneの画面の下から上に向けてスワイプすると表示される画面のことです。このコントロールセンター

Wi-Fi通信の設定の仕方

「設定」アプリを起動します。
IMG_3241_03
項目の上から2番目にある「Wi-Fi」をタップします。
IMG_3631
「Wi-Fi」の横にあるスイッチを「ON」にします。
IMG_3633
現在使用可能なWi-Fiの一覧が表示されるので、使用したいWi-Fiを選択します。
IMG_3634
必要によってはパスワードの入力をして設定完了です。

一番下にある「接続を確認」では、Wi-Fiを接続するときに確認メッセージを表示するかの設定をすることができます。この設定を「ON」にすると、コントロールセンターなどからWi-Fiを「ON」にしたときに確認メッセージが表示されるようになります。
IMG_3634

まとめ

最近では、ひとつひとつのアプリで行う通信量も大きくなっている傾向にあり、ウェブサイトでもデータ通信量が多くなっています。4G/LTEの普及に伴い、通信が高速化したのも原因のひとつですね。

このような状況で4G/LTEだけで通信を行っていると、月の通信量の制限はあっという間に超えてしまいます。特にYouTubeやニコニコ動画などの「動画メディア」を閲覧するときにはWi-Fi環境下で閲覧するようにしましょう。

また、iphoneMAXの記事でも何度も言うように、Wi-Fi接続には多少なりともリスクがあることを認識した上でWi-Fi接続を行いましょう!
くれぐれも信頼のない接続元には接続しないよう、Wi-Fiの接続元には必ず注意をするようにしましょう!

Wi-Fi接続はコントロールセンターからも行うことができます。コントロールセンターの使い方は『「コントロールセンター」で出来る事』をチェックしてみてください!

「コントロールセンター」で出来る事
コントロールセンターとは? コントロールセンターとは、iPhoneの画面の下から上に向けてスワイプすると表示される画面のことです。このコントロールセンター