ファミリー共有

スポンサーリンク
基本機能

ファミリー共有からiPhoneアプリの購入履歴を隠す方法!

iPhoneでもiTunesでもアプリを購入すると、無料・有料を問わずにそのアカウントに購入履歴が残ります。通常自分だけにしか見えないものなので、普段使っている分にはあまり気にしなくてもいいことなのですが、ファミリー共有設定をしている場合には事情が変わりますね。
設定方法

13歳未満の子供用Apple IDアカウントの作成方法!

iPhoneでアプリのインストールをするためには、AppleIDが必要です。このAppleIDは13歳未満の子供では取得することができません。なので、13歳未満の子供にiPhoneを持たせる場合には、大人のアカウントを登録して使用させる必要があります。
基本機能

ファミリーオーガナイザーとして家族のグループを作成!

家族のAppleIDを自分の管理するグループに招待することで、家族のアプリを共有したり、子供の課金を管理することができます。今回ご紹介するのは、すでにAppleIDを取得している家族、もしくはAppleIDを取得することができる(13歳以上の)家族をグループに招待する方法です。
お得情報

ファミリー共有の設定方法!

アプリの共有以外にも子供のiPhoneの管理をすることもできるので、アプリの購入や課金などをしっかりと把握することができます。iPhoneをはじめとするスマホが普及した現代には、このような子供のiPhoneやスマホを管理する機能は必須の機能ですね。
お得情報

ファミリー共有機能で出来る事!iPhoneの隠れた名機能を紹介!

ファミリー共有とは、iPhoneなどのMac製品同士で、アプリなどを共有することができるクラウドサービスの事です。このファミリー共有を使うことで、購入したアプリを家族内で最大5人まで共有することができます。有料のアプリでも共有することができるので、家族みんなでお得にアプリを楽しむことができます。
スポンサーリンク