「Cheez」を使って離れたところからシャッター操作!

app

Cheezとは?

Cheezとは、iPhone同士をBluetooth接続することにより、iPhoneでiPhoneを遠隔操作することができるアプリです。遠隔操作といっても、実際にはカメラアプリの中でしか使用することはできませんが、自撮りをする人にとってはとても魅力的なアプリですよね。

とくにブロガーなどをやっていると、どうしても遠くから自撮りをしなくてはならない場面があったり・・・。一人旅を楽しむときにも、自撮り棒だけでは構図が決まってしまうので、なんだか味気ないという場合もあるのではないでしょうか?

この「Cheez」を使うことで、自撮りはもちろんですが仲間同士での集合写真も簡単に撮ることができます。人数が多くなればなるほど、iPhoneを離れたところにおかなくてはなりません。もちろんセルフタイマーを使うことで対応はできますが、どうせなら自分のタイミングでばっちり撮りたいところ。そんな写真を撮るときのわがままを実現してくれるアプリです!

まずはインストール!

Cheeez
Cheeez
  • 【販売元】kobaltlax Inc.
  • 【カテゴリー】写真/ビデオ
  • 【価格】無料
  • 【評価】

今回ご紹介するアプリ「Cheez」は無料でインストールすることができるので、誰でも手軽に試してみることができます!まずは上のリンクからインストールして試してみてください!

「Cheez」は2台のiPhoneを使用するアプリなので、iPhoneを2台用意してどちらにもインストールしておきましょう!

「Cheez」の設定方法

まずは「Cheez」を起動します。
Cheeez
まずは2台のiPhoneをペアリングさせるためのパスワードの設定をします。画面の真ん中あたりを「ピンチイン」します。
IMG_4197IMG_4198
任意の2文字のパスワードを設定します。
※2台のiPhoneに同じ番号を設定します。
IMG_4196
「Camera」か「Remote」のどちらかを選択します。

カメラとして使用するiPhoneには「Camera」。スイッチとして使用するiPhoneには「Remote」を選択します。
※今回はカメラとして使用するiPhoneなので「Camera」を選択しています。
IMG_4194

たったこれだけで設定は完了です!!

実際に写真を撮ってみよう!

実際に写真を撮るためには、2台のiPhoneをそれぞれカメラとスイッチに割り振ります。

※カメラ側
IMG_4199
※スイッチ側
IMG_0111

後は好きなタイミングでスイッチ側のボタンを押すだけで写真を撮ることができます。

スイッチ側のiPhoneでは、フラッシュの切替、カメラの切替、位置情報サービスの切替を行うことができます。

まとめ

iPhone同士をペアリングさせて使うことができるアプリなので、集合写真を撮るときには友達のiPhoneにも「Cheez」をインストールするだけで、セルフタイマーいらずでお気に入りの集合写真を撮影することができますね!また、一人で使用するためにはiPhoneが2台必要になりますが、これはiPadでも代用できますし、使わなくなった古いiPhoneを使用することもできます。

Bluetooth接続さえできればいいので、iPhone4sなどの古い端末でも十分使うことができるのが魅力的ですね。

しかし、ここまで高性能なアプリなら、欲が出てしまうもの・・・。リモコン側でカメラをモニタリングできないのが少し残念ではありますが、それでも無料でここまでの機能をもたせることができるのはとても魅力的ですね。これから夏のレジャーを楽しむためには必須のアプリかも知れませんね!