Siriで出来る事(通信系・検索系)

基本機能

Siriでできることとは?

Siriでできることは文章に書ききれないくらいたくさんありますが、Siriのヒントでは一例として20個以上のアプリに対するSiriの行動が書かれています。今回はその一例の中から、「通信」「検索」を実行する例をご紹介します。Siriでどんなことができるか一例を見たい場合には、Siriを起動した後にヒントを表示してみてください。
IMG_4607

その他の機能については【Siriでできること(スケジュール系・娯楽系・その他)】をチェックしてください!もちろんこの他にもSiriでできることはたくさんありiphoneMAXでもSiriに関する記事は継続的に執筆していきます!

Siriで出来る事(スケジュール系・娯楽系・その他)
Siriでできることとは? 前回の記事【SIRIでできること(通信系・検索系)】では、Siriを使った検索機能や連絡をとる方法をご紹介しました。今回の記事では...

通信系

今回通信系のカテゴリに含めているのは、「外部との連絡をとる」ことができる機能です。直接的に連絡をしたり、届いたメールを開いたりすることができる機能なので、簡単なメッセージなら手を使わずに連絡をすることができます。

電話

「電話」アプリの基本的な機能のほとんどをSiriから起動することができます。たとえば、「~~に電話」と話しかければ通話したい相手に発信することもできます。これは連絡先に登録している場合は連絡先の登録名で、電話番号を直接話しかけることもできます。

それ以外にも「着信履歴を表示」や「不在着信はある?」などと話しかけることもできます。

FaceTime

FaceTimeの場合、Siriから起動できるのは基本的に発信のみです。通常通りに「~~に発信」と話しかけると「電話」アプリで起動してしまので、「~~とFaceTime」というように、「FaceTime」を使いたいということをSiriに伝えましょう!

メッセージ

メッセージの確認から送信・返信まですることができます。

メッセージの送信

メッセージを送信する場合には「~~に~~と伝えて」や「~~に~~というメッセージを送信」というようにSiriに伝えます。「~~に」の部分には「~~と~~に」のように複数人選択することも可能です。

メッセージを読み上げる

新着のメッセージを読み上げるためには「新着メッセージを読み上げて」と話しかけます。

メッセージに返信

読み上げたメッセージに対して返信をする場合には「この人に~~と返信」「~~と返信」とSiriに伝えます。
また、メッセージだけでなく電話やFaceTimeでも返信することができるので、車の運転中でも画面を注視せずに済みます。

メッセージを検索

予定の確認をしたいときなどは、メッセージの検索をすることがあります。そんなときは「~~さんからのメッセージを検索」や「~~さんからの新着メッセージを読み上げて」とSiriに伝えます。

メール

メール機能では、メールの送信・確認・返信を行うことができます。

メールの送信

簡単な文章であれば「~~に~~とメール」とSiriに伝えます。これはメッセージ機能と混合してしまうことがあるので、メールで送る場合には「メールして」などとメールであることをしっかりと伝えます。

メールの確認

メールを確認するためには「メールをチェック」と伝えると、新着メールが何件あるのかを教えてくれます。それ以外にも「~~さんから今日メールきた?」や「~~に関する新着メール」といった詳細なメール検索を行うこともできます。

メールに返信する

「この人に~~と返信」や「~~に~~と返信」と伝えます。電話やFaceTimeで返信したいときには「電話で返信」などと伝えます。

連絡先

連絡先では、連絡先の情報について検索することができます。この機能を最大限に活用するためには、連絡先に詳細な情報を入力しておく必要があります。連絡の詳細情報の入力については【新規連絡先の登録の仕方】をチェックしてください。

新規連絡先の登録の仕方
「連絡先」アプリに新規連絡先を登録してみよう! 「連絡先」アプリの基本機能の紹介で、意外にもたくさんの項目内容があるとご紹介しました。今回の記事ではそのたくさ...

連絡先の情報を調べる

「~~の電話番号は?」「~~の住所は?」などと伝えると、連絡先の情報をSiriが読み上げてくれます。

連絡先を検索する

「~~を表示」「~~さんを探して」と伝えると、連絡を表示してくれます。

関係者

連絡先に関係者を設定していると「~~の家族は?」などといった問いにも答えてくれます。また、聞いた情報をすぐに連絡先に登録しておく場合には「~~は~~の父です」と伝えると連絡先の情報を変換してくれます。

名前の読み方

「~~さんの名前の読み方を教えて」「私の名前の読み方を教えて」と伝えることで、Siriが読み上げてくれます。私の名前などは普段使うことはありませんが、iPhoneを道端で拾った場合に、その所有者を知るためにはSiriの機能を使うことで知ることができます。

検索系

今回検索系のカテゴリにまとめているのは、アプリの検索やWebでの検索など、情報を収集することに特化した機能をまとめています。

App

Appでは、アプリ名が分かるものであればそのアプリを開いたりAppStoreで検索やダウンロードをすることができます。

Appを開く

「~~を開く」「~~を起動」「~~で遊ぶ」と伝えます。

Appを検索・ダウンロード

「~~を探して」「~~をダウンロード」「AppStoreで~~を検索」と伝えます。アプリ名ではなくカテゴリやキーワードでAppStoreの検索を行う場合には「AppStoreで」と伝えます。

スポーツ

スポーツでは、スポーツチームや選手に関する情報を検索することができます。

試合結果

「~~の試合結果は?」「~~の試合はどっちが勝ちそう?」などと口コミなどの検索をすることもできます。

試合日程

「次の~~の試合はいつ?」「今日は~~の試合ある?」など、興味のあるスポーツ名やチーム名で試合の日程を検索することができます。

順位

「~~の順位表を見せて」「~~の去年の成績は?」など、チームの順位だけでなくスポーツ単位での順位表などを検索することができます。

選手の情報

「~~リーグの首位打者は誰?」「~~の先発は誰?」など、チームの中の選手のポジションや選手の成績などを検索することができます。

チームの情報

「~~の登録選手は?」「~~の故障選手は?」「~~リーグで盗塁数が最も多いチームはどこ?」など、チーム全体の情報を検索することができます。

マップ

マップ機能では、行き先までのナビゲーションや、近くのお店の評判なども検索することができます。

ナビゲーション

「自宅までの道順を教えて」「~~にはどうやっていけばいいの?」「~~から~~までの道順を教えて」「次どこ曲がる?」など、ナビをしている状況でもより詳細な情報を聞くこともできます。

マップ

「~~を地図で見せて」など、地図上で場所を確認することもできます。

ローカルビジネス

「近くに~~はある?」「最寄の駅は?」など、自分がいる場所から近くの店舗や施設を検索することができます。

レストラン

「~~で~~のお店を探して」「この近くの~~を食べられるお店」と伝えます。場所と検索するレストランのカテゴリや料理などで検索します。

天気

「今日の天気は?」「今夜の天気は?」「~~の今日の天気は?」などと伝えます。場所と時間を指定して天気予報を検索することができます。

株価

「~~の株価は?」「今日の株式市場は?」と伝えます。

時計

時計機能にはアラームやタイマー機能なども含まれます。

アラーム

「~~とき起こして」「~~分後にアラーム」「アラームを全部オフにして」と伝えます。

時計

「~~は今何時?」「来週の土曜日は何日?」など、世界時計を利用した時間の確認もすることができます。

タイマー

「~~分タイマーをセット」「タイマーを開始」「タイマーを停止」などと伝えます。

Web検索

「~~をWebで検索」「Googleで~~を検索」「Yahoo!で~~を検索」と伝えます。基本的にSiriに登録されている内容で答えが出せない場合には、自動でこのWeb検索を行います。

Q&A

「~~について教えて」「12548×4566」など、調べてもらいたい内容や計算をSiriがしてくれます。Siriに登録されている内容以外のことは、Web検索を行います。

まとめ

漠然とSiriでは色々なことができることは分かっていると思いますが、実際にできる内容を具体的に見ていくと、こんなこともできるのか!という新しい発見につながりますね。今回は通信系と検索系にわけてご紹介しましたが、その他にも色々な機能がありますので、【Siriでできること(スケジュール系・娯楽系・その他)】をチェックしてみてください。

Siriで出来る事(スケジュール系・娯楽系・その他)
Siriでできることとは? 前回の記事【SIRIでできること(通信系・検索系)】では、Siriを使った検索機能や連絡をとる方法をご紹介しました。今回の記事では...

それにしてもSiriってすごいですね!もっといろんなことを試して遊びたくなりました!