いざというときの「コンパス」アプリの使い方

基本機能

「コンパス」アプリとは?

IMG_3587_03
iPhoneのデフォルトアプリの中でもなかなか使う機会のない「コンパス」アプリですが、いざというときのためにこの機能を覚えておくといいかも知れません。

    コンパスアプリでできること

  • 現在地の把握
  • 方角の把握
  • 水平の把握

「コンパス」機能を使ってできるのは大きくこの3点です。・・・普段はあまり使わない機能ですね。
夏場にキャンプをしたりバーベキューをしたりするときには必要不可欠なツールになることもありますね。キャンプや登山、ハイキングなどをする際には方角を見ることができるツールが必要になります。遭難することもあるかも知れませんし、遭難とまでは言わなくても迷子になってしまうこともあるかも知れません。

現在では「マップ」機能を使うことで、どこで迷子になっても大丈夫なような気もしますが・・・。

現在地の把握と方角の把握

「コンパス」アプリを起動します。
IMG_3587_03
起動しただけで、現在地・今向いている方角・北緯・東経・高度が表示されています。
IMG_3588
たったこれだけ(コンパスを起動するだけ)でこれだけの情報を得ることができます。実際にこの機能を役立てるときというのは本当にないのかも知れませんが、ちょっとした暇つぶしに使ってみるのもいいですね。
また、海外旅行など本当に見知らぬ土地に行くことになったときには、地図を見ても自分の居場所が分からなくなるときなどがあります。そんなときにも使うことができるかも知れません。

なによりも注目して頂きたいのは、「高度」が表示されるということです。大地震などの震災があったときに、津波の被害を受けないように海抜何メートルにいるというのはとても大切な情報です。

地震による被害よりも、津波などの災害にあわないようにするためにも、旅行先で地震に遭遇したらすぐに確認して安全を確保できる高台まで避難するようにしましょう。

水平の把握

水平を把握するためには、画面を左にスワイプします。すると水平器が起動します。
IMG_3589IMG_3590IMG_3591
iPhoneのどの面を使っても水平を確認できるようになっているので、さまざまな場面で使うことができます。ちょっとした日曜大工のときや、車のタイヤ交換を道端で行うときにも使えますよね。

普段意識していないだけで、この水平器は日常生活の中でも使うことができる場面は他にもあるのかも知れませんね。

まとめ

今回は「コンパス」機能についての記事でしたがいかがでしたか?あまり普段使うことのない機能だからこそ、いざ使ってみるとなんだか面白く感じることもあるかと思います。緊急時だけではなく、ちょっと困ったときにこの機能を知っていると便利ですね。

とくに夏のレジャーには欠かせない機能でもあるので、頼りがいのあるスマートな男性を目指すなら是非知っておきたい機能です。

タイトルとURLをコピーしました